• トップ /
  • 二世帯の家探しは難易度が高い

二世帯の家探しの注意

二世帯の家探しは難易度が高い

LINEで送る

家探しの基本は広さと費用

案内

二世帯住宅は親と子といった二世代の住宅でキッチンやトイレ、浴室、リビングなどを別とする住宅です。一つの住宅に住みながら親の生活と子の生活を区別することが出来る点でも優れ、多くの家庭でそういった家探しを展開されることもあります。中古住宅で二世帯が扱われるのは稀ですが、そういった物件も現在の流行面から増えています。ただ二世帯が住む住居を購入する上では注意点が存在します。それは生活自体が二つ区別されるため、その維持費や光熱費がその分だけ余計に負担が生じることです。つまり費用面でも二世帯住宅に住むことは割高となってしまう特徴があります。他にも親が亡くなった後にどう住むのかという視点も必要で、広さが広いと管理の手間も余分にかかります。家探しはその時の家族構成によって決めることも多いため、広さや費用についてもどうしても近視眼的になってしまうのは注意点となります。高齢化の進展とともに三世帯住宅も存在するぐらいですが、維持費や将来のメンテナンスのことを考えて探していくことがポイントとなります。さらに広さが広いとかえって、スムーズなコミュニケーションが取りづらい点も存在します。二世帯住宅の家探しのポイントでは、広さと維持費がカギを握ることが多く、現在の状況と将来の状況を想定しながら注意して探していく必要があります。

 

↑PAGE TOP